二渡ホタル舟ブログ ~川舟に乗ってホタルを観よう!~
 鹿児島県薩摩郡さつま町二渡(ふたわたり)地区を流れる川内川で2004年より毎年5月中旬から6月初旬にかけて、ホタル舟の運航をしている二渡がらっぱボタルの会のブログです。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホタル舟の運航に至るまで(ちょっとだけ)
 川内川風景-19


 二渡地区だけの話ではありませんが、川内川は、地域の宝です。そんな宝を活かせないか?と昔から様々なイベントや活動が行われてきました。いかだ下りやカヌー教室・・・。

 そんな中で、夜、川内川でホタルがたくさん飛んでいるとの話を聞き、家族で川舟に乗って見に行くと、ホタルの乱舞というか、まるでクリスマスのイルミネーションのよう・・・

 このイルミネーションをもっと大勢の方に見てもらいたい、しかも、普段鮎漁などで使用する川舟に乗って・・・そんなところから二渡ホタル舟は始まっています。  

 最初のうちは、試行錯誤が続き、勉強しながら、例年運航を続け、第9回の運航が近づいてきています。
 
 川内川風景-18
 

 さぁ、本年度の運航の予約受付開始まであと1週間となりました。

 地域の宝をぜひ、ご堪能ください。

 
スポンサーサイト
今年もよろしくお願いします!
 運航の案内


 鹿児島県さつま町を流れる川内川では、毎年5月下旬~6月上旬の約2週間にかけて、ホタル舟が2ヶ所で運航されています。
 その内の一つが町の中心部より上流部の神子(「こうし」と読みます)地区で、奥薩摩のホタル舟が運航されています。もう一つが、二渡がらっぱボタルの会主催による二渡(「ふたわたり」)ホタル舟です。町の中心部よりは下流部になります。鹿児島市や薩摩川内市からお越しの場合は、さつま町役場より5~6キロぐらい手前です。

 川内川風景-13

 二渡ホタル舟は、平成16年に始まり、今年で第9回目となります。川舟に乗ってホタルを観よう!をコンセプトにしてきました。
 運航当初は、地元に住んでいる8家族で運航を始めました。今でも、その8家族中心ですが、徐々にメンバーは増えています。
 例年、乗船していただいたお客様からアンケートへのご記入をお願いしていますが、「アットホームな感じが良かった」というお声を頂いています。
 川舟に乗ってホタルを間近で観ていただき、癒され、感動していただけたら、メンバー一同やりがいがあります。

 ただただ、自然が相手ですので、難しいところはありますが・・・。
  
ぼちぼちと
 ホタル舟タイトル-1

 2月にこのブログを書き始めた頃は、まだ先の話かと思っていましたが・・・

 あっという間に3月が過ぎ、4月も2週目に突入しました。

 ホタル舟の準備としては、例年GWが一番ポイントとなっています。お休みということもあり、メンバーが揃いやすく、舟の準備など人数が必要な作業にはもってこいです。

 そんな中で、悩みの種だったポスターは一応完成はしましたが、いろいろと指摘が多く、来年への課題とさせてもらいました。

 あと、看板は、他のメンバーが取り組んでくれているようです。いい感じに仕上がってくれてるとありがたいのですが・・・さぁ、予約開始まで10日を切りました。19日に電話が鳴ることを祈っています。
あと10日で・・・
 二渡がらっぱボタルの会-1

 
 今年の予約開始まで、明日で10日となってきました。
 予約受付電話にも問い合わせが来ているようです。ありがとうございます。

 鹿児島のタウン誌さんの方からもお問い合わせを頂いたようです。掲載が決まれば、すごく助かります。

 やはり、マスコミ媒体を利用したPRは、イベントには欠かせませんね。一昨年は、DJポッキーさんのFM鹿児島の番組に出演したり、昨年は、MBCラジオさんにも出演してますので・・・。もちろん、テレビもKKBのスーパーJチャンネルにも出演しました。・・・

 あとは、このブログをご覧になられた方が、乗船していただけれるとすごくうれしいですね。励みになります。

 運航にむけて、ポスターや看板の準備が進んでおります!!ファイト! 

 
 
二渡ホタル舟乗船のあとは
 ホタル舟テント

 ホタル舟は、5月下旬から6月上旬にかけて運航されますが、夜の川ということで、少し肌寒い日もあります。
 
 そこで、二渡がらっぱボタルの会では、乗船していただいたお客様に、地元さつま町のお茶をお出ししています。冷えた体には、温かいお茶はいいですよ。おいしいですよ。

 ちょっとしたお茶菓子もありますので、どうぞごゆっくりと 

 ホタル舟オープニングイベント-12

 お食事も持ち込んで頂いて結構です。中には、ホタル舟に乗られて、宴会をして帰る方も1年に何組かはいらっしゃいますよ(笑)

 ただただ、飲酒運転だけはしないでくださいとお伝えしています!

  
ホタル舟に乗船されるときは その2
 川内川風景-16


 ホタル舟が出航したら、お客様には↑のように座っていただきます。できるだけ、お子様は、真ん中の列の舟に座っていただいています。(万が一の落下を防ぐためです。)

 みなさんには、必ずライフジャケットを着用していただいております。もちろん、お子様用もありますので、ご心配はいりません。

 最初に舟の左側に座った方は、堤防側を見ることになりますので、ホタルが見えにくいかもしれませんが・・・、

 ご安心ください。ホタル舟は、自由自在に動きますので、左側に座った方も近くで見えるようにいたします。

 皆さんに満足していただけるように、ホタル舟の運航をがんばっていきます。
ホタル舟の運転
 川内川風景-14


 川内川自体が、福岡県の筑後川に次ぐ九州で第2位の大河であり、二渡ホタル舟が運航されている二渡地区のあたりでは、そこそこ川幅もあります。

 ホタル舟を運航する中で、水の流量にもよりますが、岩が水面から見え隠れしており、運転中気をつけなければなりません。

 大ベテラン船頭は、夜の運航でも、その岩の位置を記憶しているので、スイスイと舟を走らせて行きます。

 水量が多いと、一見コワい感じもしますが、船頭の立場からすると、適度に水量があった方が、運転はしやすいのです。

 もちろん、適度ってどのくらいまでなのかは、なかなか表現しづらいですが・・・。





川舟に乗って幻想の世界へ
 ホタル舟タイトル-2

 4月1日、さぁ~今日から新しい年度ですね。今日は、日曜日なので実感はありませんが・・・。

 平成24年度の二渡ホタル舟も徐々にではありますが、準備が始まっています。

 また、このブログ自体を知らない方が多いと思いますが、すでに問い合わせもあるようです。ありがとうございます。

 今年も多くのお客様を幻想の世界へ誘うために、メンバー一同がんばっていきます。

 どうかよろしくお願いします。

  

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。