二渡ホタル舟ブログ ~川舟に乗ってホタルを観よう!~
 鹿児島県薩摩郡さつま町二渡(ふたわたり)地区を流れる川内川で2004年より毎年5月中旬から6月初旬にかけて、ホタル舟の運航をしている二渡がらっぱボタルの会のブログです。 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホタルの上陸作戦


今年のホタルの幼虫の上陸作戦の様子です。ちゃんと、成虫のようにお尻が光っています!
ホタル舟の乗船場の階段をせっせと!?登っていきます。



 第15回目記念となる今年の二渡ホタル舟は、12日(土)~日(日)までの間運航します!
 
 20日から予約開始となります。要予約でお願いします。

 第1便:午後30分~
 第2便:午後30分~

 料金:大人1千円(中学生以上)、小学生5百円、幼児2百円

 ※第便限定大人気プラン、ホタル舟に乗船しながら食事できる
  今年も、もちろんやります!
  さつま町ご当地グルメ「黒毛和牛たけのこ丼」付きのホタル舟遊覧
  (ホタル舟乗船料込み:2,500円)

 
 ☆お問合せ先
 二渡がらっぱボタルの会   
 予約受付電話 080-6447-0570
 お間違えのないようお気をつけください。
スポンサーサイト
二渡ホタル舟が表彰されました!

↑南日本新聞3/18

先日、鹿児島県北薩地域振興局から「#北薩摩の地域振興褒賞」をいただくことができました。映えある第1回目の受賞ということで、二渡がらっぱホタルの会としてもさつま町を代表して記念に残りました。ありがとうございました。

2018年の運航についても徐々にご案内していきますので、よろしくお願いします!

ドッキング❗️
例年、GWはホタル舟の準備を進めています。

今日は、川舟を3艘連結するドッキング作業を行い、ユニックで持ち上げ、川内川に浮かべるところまで、作業が進みました。

ドッキングがうまくいき、今年もホタル舟に変身できました。

このホタル舟は、通常、川で漁をするための川舟を利用し、3艘連結しているところに特徴があります。

3艘連結しているので、安定感があります。

川舟に乗って、是非、さつま町の初夏の風物詩、川内川のホタルをお楽しみください。


二渡ホタル舟予約受付電話 080–6447–0570



今年もよろしくお願いします!
 運航の案内


 鹿児島県さつま町を流れる川内川では、毎年5月下旬~6月上旬の約2週間にかけて、ホタル舟が2ヶ所で運航されています。
 その内の一つが町の中心部より上流部の神子(「こうし」と読みます)地区で、奥薩摩のホタル舟が運航されています。もう一つが、二渡がらっぱボタルの会主催による二渡(「ふたわたり」)ホタル舟です。町の中心部よりは下流部になります。鹿児島市や薩摩川内市からお越しの場合は、さつま町役場より5~6キロぐらい手前です。

 川内川風景-13

 二渡ホタル舟は、平成16年に始まり、今年で第9回目となります。川舟に乗ってホタルを観よう!をコンセプトにしてきました。
 運航当初は、地元に住んでいる8家族で運航を始めました。今でも、その8家族中心ですが、徐々にメンバーは増えています。
 例年、乗船していただいたお客様からアンケートへのご記入をお願いしていますが、「アットホームな感じが良かった」というお声を頂いています。
 川舟に乗ってホタルを間近で観ていただき、癒され、感動していただけたら、メンバー一同やりがいがあります。

 ただただ、自然が相手ですので、難しいところはありますが・・・。
  
ぼちぼちと
 ホタル舟タイトル-1

 2月にこのブログを書き始めた頃は、まだ先の話かと思っていましたが・・・

 あっという間に3月が過ぎ、4月も2週目に突入しました。

 ホタル舟の準備としては、例年GWが一番ポイントとなっています。お休みということもあり、メンバーが揃いやすく、舟の準備など人数が必要な作業にはもってこいです。

 そんな中で、悩みの種だったポスターは一応完成はしましたが、いろいろと指摘が多く、来年への課題とさせてもらいました。

 あと、看板は、他のメンバーが取り組んでくれているようです。いい感じに仕上がってくれてるとありがたいのですが・・・さぁ、予約開始まで10日を切りました。19日に電話が鳴ることを祈っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。